誕生日プレゼントの花の印象は季節で変わる

花は季節ものですので、いつでも希望する花があることは無いですが、温室栽培によってある程度時期を調整できる品種もあるようです。ただ夏にチューリップをもらっても違和感を覚えますが、春や冬の終りに貰うと春の訪れを感じることができ、なんとなく嬉しい気持ちになります。花は季節の訪れを感じさせるアイテムでもあるので、やはり旬の時期というのは重要です。また誕生日に贈る花に関しても、誕生花というものがあり、それは時期に旬を迎えるものがほとんどですので、相手にとっての幸運のアイテムとしても旬の花を贈ることは、おすすめです。ただ贈る相手が好きな花を選ぶことが一番です。花なら全て一緒というのは、花に疎い方の意見です。意外と嫌いではないが好きでもないという花は存在しますし、人によっては感性や経験から嫌いな花も存在します。

誕生日の花は早い段階で花屋さんに相談を

嫌いな花は避けるべきですが、花束に関しては極端に嫌う方は少ないものです。花束に誕生花を添える、もしくは誕生花をメインに作ってもらうなどの方法もあります。ネットでの予約では伝えるのは難しいかもしれませんが、実際に花屋さんに行って誕生日なのですがと、相談しても応じてもらえます。誕生花を知らなくても、花屋さんには、そのような知識もあるので迷惑にはならないです。この誕生花は誕生月と誕生日の2種類があるので、その辺りも考慮してもらえます。ただ季節の花だからといって、必ずあるとは限らないので、早めの予約や相談をしておくことがベストです。また当日に送ってもらえるのか、時間帯や場所の指定はできるのかなども相談しておくことも大切です。花屋さんは接客やお花の世話、配達など忙しいので、当日にいきなり注文しても届けてもらえるかは運次第になってしまいます。

誕生日には花といっしょに言葉を添えてみる

誕生日には誕生花というのは、ひとつの基準で、相手が好きか嫌いなのかという点も考慮する必要があります。また花言葉になぞって贈るという方法もあります。もちろん相手がそれを知らなければ、あまり意味はないかもしれませんが、バラの本数で花言葉が違う、ランの色で花言葉が違うというのは、有名な話です。もし伝えたいのであれば花を贈る時に一緒にメッセージカードを添えるのも手段のひとつです。直接書くのが恥ずかしい方は、花の品種と一緒に調べてほしい旨を伝える方法もありますが、プロポーズであれば、直接語る方が効果はあります。ただ誕生日の言葉であれば、そのような少し遠回しな言葉でも嬉しい時があります。本当は気持ちを言葉にすることが一番です。花に託すのではなく、花と一緒に言葉を贈ることをぜひお勧めします。