大事な人の誕生日プレゼントに花言葉を添えて

誕生日にプレゼントとしてもらうもので嬉しいのが花です。特に女性を中心に人気の高い花は、大事な場面でのプレゼントとして、昔から重宝されてきました。しかし、花の種類も多く、誕生日にどのような花がプレゼントとして喜ばれるのか、決めるのに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。また、最近ではオーソドックスな花束のプレゼント以外にも、フラワーボックスタイプやブリザーブドフラワーなど、形式も様々あり慎重に考えなければなりません。そして、渡し方にしても、直接渡すのか宅急便にお願いするのか、サプライズで渡すならどのような演出がいいのか、方法はいくつかあります。そんな、誕生日プレゼントに喜ばれる花の選び方や渡し方について、どのように決めていけばいいのかおすすめの方法を紹介します。

誕生日にプレゼントする花と花言葉の関係性について

誕生日にプレゼントとする花の選び方としておすすめなのが、花に添えられている花言葉に合わせてみることです。愛しているという花言葉でも有名なバラですが、その花の色によっても印象が変わってきます。例えば真っ赤なバラの場合は、情熱的で、プロポーズをする際にもよく使われます。また、ピンクの花の場合は優しい気持ちになりますし、白いバラはあなたにふさわしいことを意味します。また、黄色のバラは嫉妬という意味も持っているので色によっても注意が必要です。他にも、誕生日花があります。366日全てを対象にした誕生花があるので、一度調べてみるのもいいでしょう。花言葉を確認しないと良い花言葉ではない場合があるので気を付けましょう。誕生日以外にも母の日や父の日におすすめの花もあるので、よく探してみましょう。

誕生日にプレゼントする花の形式について

誕生日の花をどのように渡すかも重要なことです。単純に花束を直接渡すとなると、帰りの荷物になってしまったり、その後のインテリアとしても長持ちしなかったりといった点が挙げられます。その際におすすめなのが、フラワーボックスです。フラワーボックスにすると、箱に入っているので花束よりも荷物の際にもかさばらないですし、開いた時のサプライズ感も演出することができます。また、ブリザーブドフラワーにすれば、更に長期間花を鑑賞することができます。上手く保存しておけば5年くらい置いておくことが可能です。また、加工する過程で花粉もなくなってしまうので、花粉症の方にプレゼントしたい場合にもおすすめです。また、ちょっとしたマスコットなどの贈り物を添えて贈るのも可愛らしいですし喜ばれます。値段も花束とあまり変わらないのも人気の要因のひとつになっています。