誕生日からしばらくたってもきれいに咲き続けるおススメの花

誕生日に花を贈られると喜ばれますし、もらった人も嬉しい気持ちになります。たくさん種類のある中からどんな花を選ぶべきか迷われる方も多いと思います。ここでは花を選ぶポイントや花を長持ちさせるポイントについてお教えしていきたいと思います。花束だけではなく、フラワーボックスやきれいなかごやガラス容器に飾り付けられたアレンジメント、贈る相手の間柄に合わせた色合いで作られたもの、プリザーブドフラワーなど様々なスタイルがあります。それぞれに良さがあり、生花を集めた花束は生花から感じられる花の香りや生命力があります。アレンジメント呼ばれるものは、吸水性のスポンジに花を挿しているので、花瓶に移し替える必要がありません。ブリザーブドフラワーは花に特殊加工を施しているので半永久的に枯れません。

どんなスタイルの花を選ぶと喜ばれるのか

誕生日によく贈られる花には花束、アレンジメント、ブリザーブドフラワーの3つから選ぶことになります。昔からある花束は数本から作ることができます。アレンジメントはもらった人が手間をかけずに花を楽しめることができます。ブリザーブドフラワーは枯れないのが大きな特徴で、花のお手入れに慣れてない人に向いています。誕生日は年に一度のことですから、お祝いの気持ちが伝わる花を選ぶといいでしょう。選び方のポイントとして、女性に贈る場合はピンクや赤、白の花が好まれます。また花には花言葉というものがあり、その花言葉を使った選び方や誕生日の誕生花を選ぶ方法もあります。言葉として伝えたい場合はメッセージカードを添えたり、プリザーブドフラワーの花びらに気持ちを印字してくれるサービスを利用されている方もいます。

花との生活を楽しむための知識を得よう

せっかく誕生日にいただいた花も知識がなければ、あっという間に終わってしまいます。そこで一日でも長持ちさせる方法をお教えいたします。まず大事なのは清潔な花瓶に活けることです。そして挿す花によって水の量を変えてあげましょう。茎が柔らかく細いものは浅く水を張ります。水の中に雑菌が繁殖するのを防ぐためには水につかる高さの葉は取り除き、枯れてきた花びらも随時取り除きましょう。毎日のお手入れとして、根本を斜めに1センチくらい日々カットします。切り口を新鮮に保つことは長持ちさせるためには欠かせません。水を変える時に花瓶の洗浄と一緒に行うといいと思います。保管場所としては、気温が低く風通しのよいところがいいです。花も生き物ですので、花瓶以外にもハサミのような花に触れるものを清潔にすることも長持ちに繋がります。