誕生日を快く迎えるための買った後の花を管理するコツ

誕生日は1年に1度の記念日で、その時その時の想いを伝える日でもあります。相手を想い選んだ誕生日プレゼントが、大切な日に素晴らしい想い出に残るように誕生日の前から考えたりすると思います。誕生日プレゼントといっても誰に贈るのか、どのようなモノを贈るのかで印象が変わります。しかし、すべての人に贈って喜ばれるのがお花です。四季折々の季節感を感じるお花であったり、贈り主が好きなお花などバリエーションは様々。好きな女性や大切な方の誕生日にあわせて、誕生花や花言葉をもとに、お花を贈ったりも出来るのも特徴です。現在は、生花以外もプリザーブドフラワーといって枯れない加工がしてあるお花があります。生花のみずみずしさもあり、その日の想い出も枯れずに残ります。お花だけでなく、メッセージカードを添えサプライズ演出も取り入れることでより一層喜ばれることでしょう。

誕生日に渡すと喜ばれる花の選び方とは

誕生日にプレゼントする花の選び方には様々なポイントがあります。ここでは2つ取り上げます。1つ目は、プレゼントを贈る相手の好きな色合いの花を探してみましょう。可愛らしいピンクの花や穏やかさ・安心する緑の花など、色合いによって相手に与える印象も変わります。また季節感を取り入れた色合いで、例えばイエローなどの爽やかな色合いで春らしい温かみを感じられる花や、真夏には真っ赤な濃い色合いの花を渡すなど、好きな色合いの花と一緒に花束にすると良いと思います。2つ目は、花言葉に注目してみましょう。バラには「愛」、チューリップには「思いやり」などの花言葉があります。ただ花を渡すのではなく、花に隠された想いと共に選んでみるとメッセージを伝えることも可能です。更に、渡し方にもこだわることで2倍、3倍の喜びに変わるでしょう。相手の立場になって選んでみてはいかかでしょうか。

花を誕生日までに買う際の注意点と人気の理由

花は子供の頃から身近なモノであり、誰もが1つや2つ花の名前も知っていることと思います。1輪の花を集めて花束にすることで、高級感や幸福感があるため贈る相手を選ばないことが長年人気の理由だと思います。しかし、花も生き物であり、季節や環境によって4~15日くらいで枯れてしまいます。理由としては、水揚げがしっかりされていなかったり、水替えをしなかったりすることが考えられます。数十日くらいで枯れてしまう花束を何日も前から購入しておくと、色鮮やかな状態を保つことが出来ません。そこで、宅配サービスを利用することで、当日もしくはサプライズ演出のように渡すことも出来るのではないでしょうか。また、生花を加工して美しい状態のまま保つことが出来るプリザーブドフラワーが魅力です。生花のような瑞々しさと美しさで長期間楽しめるモノです。誕生日までにしっかりとプランを立てて素敵な想い出を演出してみてください。