役に立つ!二次会の景品サイト6選

ホーム > 二次会の景品に関する豆知識 > 二次会の景品選びのポイントとは

二次会の景品選びのポイントとは

結婚式の二次会など、イベントを盛り上げるために欠かせない存在となるのがゲームではないでしょうか。
ゲームをするとなれば、切っても切れないのか景品です。
景品を目的と考えて参加するゲストもいるほど、二次会では重要視されています。
参加する立場ならば、ワクワクした気持ちで足を運ぶだけで良いですが、景品を準備する立場となった時には何を選べば良いかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
何度か二次会に参加しゲームをしたことがある人ならば、景品に対して不満を抱いたことがある人も少なくはないはずです。
ゲストをがっかりさせないためにも、景品は何を準備しておくのかよく考える必要があります。
間違っても当日に間に合わないというようなことにだけはならないように気をつけましょう。


景品としてまずは、メインとなる目玉が必要となります。
豪華なものにしておき、誰もが惹かれるものにするべきです。
テーマパークのチケットや旅行券なども近年では人気の高い景品となっています。
それ以外にも、電化製品などある程度魅力的なものをいくつか準備しておくと、ゲストのやる気も増すのではないでしょうか。
メインに力を入れすぎて、それ以外のものがあまりにつまらないとなれば、メインが当たった人以外は楽しめないので、予算も考えバランスに合った目玉の景品を選ぶことが大切です。
商品券など本当に使い勝手が良いものも喜ばれますが、当然全てを豪華にすることは不可能です。
何ももらえないとなればテンションも下がってしまいますが、参加賞程度のリーズナブルなものがもらえるだけで盛り上がるので、安いものも多めに準備しておきましょう。


景品の数はよく考えるようにしておきましょう。
結婚式とは違い、二次会となれば最初参加しない予定の人がなぜか参加しているということもあり、突然人数が増えることも珍しくはないからです。
人数が多少はある程度なら景品の数にそれほど影響は与えませんが、大幅に増えるとなれば問題になります。
その際に備えて、お菓子の詰め合わせなど数百円程度で買うことができ、予算にあまり影響がないものを多めに準備しておくべきです。
当然のことですが、人数が増えるばかりではなく減る可能性も考えておきましょう。
二次会の会費は当日集めるというケースが多いので、参加者が減ることで予定していたよりも金額が集まらず、予算オーバーとなった分は自己負担となってしまうこともあります。
金額のことはよく考えておきましょう。

次の記事へ