役に立つ!二次会の景品サイト6選

ホーム > 二次会の景品に関する豆知識 > 二次会の景品選びのポイントについて

二次会の景品選びのポイントについて

結婚式などの二次会を盛り上げるために必須と言えるのは、やはりゲームとその結果もらうことができる景品ではないでしょうか。
景品を重要視しているゲストは多いので、準備する立場になった時には慎重に考えなくてはなりません。
参加する人の年齢層も考え、誰もが喜ぶ万人受けするものを選ぶことが大切です。
まずはメインとなる景品を選んでおくようにしましょう。
メインの景品は豪華なものにしておかないと、参加者のやる気を損なうことになってしまいます。
もちろん進行する司会者のトーク力も盛り上げるためには必須となるので、当日にはトーク力の高い人を司会者に選ぶようにしておきましょう。
メインの景品以外にも、いくつかはメインに続くような景品を準備することも忘れてはいけないポイントとなります。


二次会の運営資金は、ゲストによって支払われる会費を収入源とするケースが大半ではないでしょうか。
そうなれば、当然のことながら景品もその中からまかなうことになります。
ですが、会場や料理のことも考えなくてはなりません。
ゲスト一人あたりの会費を安くおさえすぎると、参加人数を増やさないと景品が揃えられないことになり、収容力のある会場探しも大変になってきてしまいます。
しかしだからといって、会費を高く設定するとゲストの負担が大きくなるので参加者が減ってしまうことにも繋がりかねません。
会費の設定は、ゲスト構成の男女の比率だったり飲食物の量によって、適性価格が変わってくるのでよくバランスを考えるようにしておきましょう。
結婚式からの流れで参加する人が多い時には、料理はそれほど必要ありません。


ゲストの不満がでやすい二次会パターンとしては、会費が高いのに景品が安かったり数が少ない、そして食事や飲み物が少ない二次会となっています。
二次会でゲストから集めた会費は、二次会の運営費に使い切るつもりで考えておくべきです。
景品を豪華にすると同時に、少しでも多くの人に行き渡るようにしておくことが準備する側のポイントとなってきます。
気をつけなくてはならないのが、ゲストの人数が当日になって変わることも考えられるという点です。
増えることも考えておかなくてはなりませんが、直前で不参加になるゲストがでてくることも考えておかやくてはならないので、予算ギリギリまで景品を買わないようにするべきです。
数を増やすために無料の景品を準備しておくようにすることがポイントではないでしょうか。

次の記事へ